<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ギラギラ
太陽がギラギラしているので、
色白を目指してせっせと日焼け止めを塗っているにも関わらず、
ひどくインドア/不健康な生活を送っているにも関わらず、
なんか肌が焼けて週末海行ってきました的になってて参りました。

でも海行きたいです。




なにをしたいのかわからなくなってくることがありますか?
私はなにをしたいのかわからなくなってきました。
いったいなにをすればいいのか、
なにをするべきなのか

昨日はイラストレーターになろうと考えながら眠りました。
起きたらDVDジャケットを作らなければいけないことで頭が一杯でした。
会社に行ったら漠然と辞表を書こうと思っていました。
でも一日に2、3回は
折角続けたデザイナーの仕事を手放すことは間違っていると思い直し、
再び暗いポケットみたいな、この時間に戻ってくる。

まるで迷路を奔走しているかのように、
ムダな衝動をくりかえしくりかえし
昼メシを食べながら座禅の神秘について読みふける。




なんか 軽くパンクぎみです




少年ナイフという状態がありまして、
スーパーマリオでスターを捕ったときみたいに、
無敵に不敵にギラギラしてしまう精神状態のことを言うのですが、
生粋の丘サーファーで臆病症が板について離れそうにない私は、
そんな少年ナイフの時でさえも裏では痛々しいまなざしで自分を見つめ、
あとで思い返してさらに心を痛めたり
してしまうのです

ああいたい
ああいたい
誰かにあいたい
[PR]
by nahog | 2008-07-31 05:11 | 思うこと
境界のグロテスク
明るくならないと眠れない日々が続きます。

チャリで渋谷を走っていると、
夜明けに向かって進んでいるようで
夜と朝は輪っかになってつながってるんだって
ああそうかって思わなくても思ってしまうのです

朝と夜は白と黒のようなものだけど、
朝から夜へはなだらかなグラデーションで繋がっているくせに
夜から朝へは階段みたいに唐突で、
うまく昇れずにつまづいたような景色がちらかっていたり

お風呂上がりなようすのすっぴんのギャルが、
後れ毛を気にしながら疲れた顔でチャリをこぐ私に振り向きました

数時間前彼女は何をしていたのだろう。
そして今からどこへ向かうのだろう。
[PR]
by nahog | 2008-07-30 06:00 | 思うこと
スローモーション
f0034574_35486.jpg
単行本を作るとき、
束見本<つかみほん>というものを製本屋さんに作ってもらいます。
紙は1枚だとぺらぺらに見えるけど、当然それぞれの厚さがあって、
1冊の本になると、同じページ数でも紙によって背の幅が違ってくるわけです。
それを事前に確かめるために、これを作るわけなんですが

私は束見本がとても好きです。
完成した本ももちろん好きなんですが、
完成する前の、この真っ白だけど確かな形状を手にすると、
紙に命が宿ってきらきらする感じが
より如実に確かめられる気がして好きなのです。

もちろん喋ったりはしませんけども。



最近の私は、
水あめのプールの中を進んでいるように、
所作にキレがない。
どんなにもがこうと、触媒がまとわりついてくるかのように
右手も、シナプスも、
思うように要領を得ない。
まるで出会いはスローモーション。
そしてことごとくを忘れてしまう。




フジを通り過ぎてしまいました。
ここ数年皆勤賞だったのに。
ラジオの前で七転八倒、苦しかった。

逆に今年は相方がフジに行っていて、
例年と逆のパターンになりました。
5日会わないと、若干寂しくなってきます。
独りの味を思い出しました。

寂しさと悔しさを紛らわそうと思って借りた2本のDVDは、
どっちも私の気にはイマイチで
なんだかからまわり。
『恋愛睡眠のすすめ』『情痴』




でも昨日は大好きな友達たちに会えてとても幸せでした。
まゆさん誕生日おめでとう。
あかりケーキうまかったい。
もっともっと遊びたい年頃なんででです



しかし最近は、友人の結婚話がやけに多く。
ひとり、ふたり、さんにん。
そのたびに自分にも結婚話をふられ、ふってもみるけども、
やっぱりまだ先なのかなあと思う、
もうすぐ 二重に苦しむ、29歳。
30になりたいとは、まだ思えないんだな。



明日は久々に撮影で、現場にゆきます。
睡眠時間3時間以内の日々は、しばらく続きます。
[PR]
by nahog | 2008-07-28 04:57 | 思うこと
Teach me
先日、というか昨日、
会社のOBの先輩がついに会社を設立したというので、
菓子折りを持って会いにゆきました。

その方はうちのボスの一番最初の弟子で、
私は一緒に仕事させていただいたことはないのですが、
初めてじっくり話をお聞きして、
とんでもなく偉大な方だと思い知りました。
デザインに向ける意欲と探究心。
部下への采配。
細部を通して全体が見れるバランス感覚。

エディトリアルやって年収4ケタ萬円て、
あり得るんだね? と少し心強くなりつつも…
彼のキャパシティは、洞爺湖よりも遥かに深く、
私の人生がたとい2倍になっても足りないであろうと。

幼稚園の初めてのトイレで、
おしりからトイレットペーパー出して出てきたわたし。
名前はナホなのに、
なぜか先生に「のどかちゃん」て呼ばれてたわたし。
歩いてて、コウモリに顔面激突されたわたし。
図工の作品、いつも締め切り守れなかったわたし。
剣道で大将なのに、異様に動きがトロかったわたし…。

それなりに同じ仕事をこなしてきた筈ですが、
1ミリたりとも自分の中に発見できない、
あんな未来の可能性。

デザインが、
嫌いと言えば嘘になります。
でも好きかと言うと?
半ば嘘になると言っても過言ではないことを否定はできない
かも知れない可能性はないとは言い切れない。
[PR]
by nahog | 2008-07-11 02:04 | 思うこと
Summer was gone
f0034574_229258.jpg
突然ですが、夏休みが終わってしまいました。(先週)
突然やってきて、突然去ってしまった、
まるで恋の嵐のようでした。

何をするかも定まらないまま、
とりあえず実家に帰ったり、
おかんに携帯を買ってあげたり、
DVDを4本観たり、
パスポートを作ろうとしてみたり、
ネイルサロンに行ってみたり、
バーゲンで服を買ったり、
ドラムを教えてもらったり、
ジョギングを始めてみたり、
滅多に会えない友達に会ってみたり、
滅多に会えない友達とその彼氏に会ってみたり、
長年会わなかった友達に会ってみたり、
しました。
挙げ句の果てに自分で髪を切ってしまった。
ご乱心。

下手にたくさん休みをもらうと、
まかないきれずに自己破綻しがちです。
一体何が私を追いつめているのでしょう。

会社に行く日の前日に、妙な夢を見ました。
舞台は定番の学校で、
友達のカオリが給食の配膳係の男の子を見そめて
いきなりキスをしたり、
場所はホテルに移って、
悪者の魂が乗り移った子供に追いかけられて、
逃げ切れず自己防衛でその子の後頭部を鉄パイプ的なものでボコボコにしたり

する夢でした。

よく見る夢のキーアイテムとしては、
私は「学校」「エレベータ」をあげます。
「学校」は、社会人になっても、夢主がなにかを学んだり、
スキルを身につける必要があるときに見る夢のようで、
繰り返し見ることで現実での不安を和らげてくれるそうです。
「エレベータ」は、
…なんかいろいろややこしい解釈があるようです。

とりあえず、夢の中で殴る相手は、
誰であろうと自分自身であるらしいのです。
「バカ!バカ!私のバカ!!」
ってやりたいのでしょうきっと。

BGM:Summer Away/Aloha
[PR]
by nahog | 2008-07-10 02:23 | できごと・もの