<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
浦和の空は
今日明日と代休をいただき、
ぽかんと日常を穿つ突然の空白。

3連休に会いたい人に連絡したらば
急すぎてフラレタノデ
今回は前日に連絡してみたならば
それでもやっぱりフラレタノデ
久しぶりに我が妹に連絡をとってみた。
半ば無理やり会ってみた、平日のアフター6。
うちの家族は薔薇族なので バラバラ族なので
こうして半ば無理やりに歩み寄らないと、
永久にねじれの関係から抜け出すことができない。
遠心力でもって保たれるバランス
もはやもうそれは ほとんど惰性とやけくそ。

妹とは、別の屋根の下で生活するようになってから、
良く話すようになりました。
私の妹は、鬱病です。
でももうだいぶよくなっているようで、それはとてもなによりで、
でもまた不毛な恋愛をしているようで、
(妻子のある方と付きあっているようで)
姉としては正直複雑な心境であったりなかったりするんだけれども、
でも振れ幅の大きい生活はきっと彼女に活気を与えるだろうと信じつつ、
半分祈るくらいの勢いで、
「いいんじゃない」と言ってみた。

そんなのち、
モーションをかけていた友達から連絡がきて、
今浦和の空の下にいます。

浦和の空は、東京より少し広くて少しもの寂しい。
初めて降りた駅かと思ったら、そうじゃなかった。
中学のとき以来の、剣道の会館が夜の街並にひっそりと。
私はあの頃、ここでセーラー服を着て、竹刀と防具を持って、
10数年後に疲れたかさかさの指先で同じ場所を歩くことなど想像もせずに
同い年の子らと歩いてたんだな なんて
少しセンチメンタルな冬の夜

さてカラオケ行ってきます。
[PR]
by nahog | 2007-11-28 03:37 | 思うこと
萌える
f0034574_215410.jpg
会社の、通称『王子』の実家から送られてきたペアー。
いわゆる洋梨。
私はつくづく思う。
何かのおりに、「すきなくだものは」と訊かれることがあるならば。
絶対に「洋梨」もしくは「西洋なし」もしくは「ペアー」と書こうと。

もし何かを質問された際に、
こうやってガツンと実感して得られた答えを返答できるってのは本当に素晴らしい。
と思う。思いませんか。
冥利に尽きるかんじがする。

なんだかもやもやーっと、
箸にも棒にもかからないようなことをその場凌ぎで発言してしまうときの
何ともいえない後味の気持ち悪さ。
かといって、何も思いつかないことにはどうしようもないのだ。



同じく「すきなどうぶつは」という質問に関しても、
私は最近「ふくろう」って言いたくてたまらないのです。

こないだエドツワキさんのインタビューをして、
現場に行ったカメラマンさんが
「(エドさんが飼っている)ふくろうが超かわいかったですよ」って。
え、ふくろう? って思いますよね。
でも私はそのちょっと意外で非一般的な要素に注目して想像してみたのです。
そしたらこう、もわもわーっと
次第にじわじわーっと
ものすごい勢いであのリビドーがわき出してきたのです。
「かわいいーーーッ!」

ほんと、あんまり訊かれはしないけどたまに訊かれると答えるのに何げに頭を悩ます質問。
今は結構訊かれたくてうずうずしてたりします。

そして今日明日代休な私です。
誰か空いてたら連絡下さい。
[PR]
by nahog | 2007-11-27 02:20 | できごと・もの
私情史上
f0034574_2255637.jpg
相対性理論で、速く動くと時間が遅くなるってのがあるけど、
逆にマックの前でこけむしたようになってると、
きっと時間は速く進むんだろうと思った。
あっという間に夏が過ぎて秋はないようなもんだった。
気がついたら11月もひとしきり、過ぎていた。
肌にすいつく冬の厳しさ。
もう手足の先が冷たくかじかむ季節になってしまった。
でもようやく、私史上最大の多忙の時期が終わった。
9月あたりから今まで、どんなに忙しかったかというと、
まず休みが覚えているだけで4日くらいしかなかった。
他の日はすべて朝の11時頃から夜明けの4時5時まで仕事。
家に帰って、風呂に入って、すぐに寝ないと睡眠が摂れない。
終わりのないマラソンコースを走っているような気分でした。
その間に作ったものは…

月刊誌2冊×3
フリーペーパー1冊×2
季刊誌3冊(うち1冊フルリニューアル)
CDシングル1枚
CDアルバム1枚
ムック本2冊
文庫本4冊
単行本2冊

ムリムリ。
もう無理。
でも、終わらない仕事ってないんだなあと
改めて実感。
でももう絶対無理です。
[PR]
by nahog | 2007-11-26 01:35 | できごと・もの