もうきんようび
ちょっとだけねむることにしよう
きょうはもうきんようびだから
[PR]
by nahog | 2006-10-27 04:32 | 思うこと
ストロベリーショートケイクス[★★★★☆]
2006年、矢崎仁司監督作品。

邦画は肌が近いので、
とてつもなく詳細まで、描写を理性でなしに感覚で意識することができます。

だから何か違和感を感じると一気に疑心暗鬼が拡がって、
どんな感動のシーンでもちんけな三文芝居に成り下がって観えてしまうことが多くあります。

まずこの映画はそれがありませんでした。

痛い。
痛いけど救いようがなくはない。
そこがなんだか妙にリアルで切なくあり。

臭いものに蓋をして生きることも一つの方法だけれども、
グロテスクに焦点をあててみるとこんなにも
世界の色は違って見える。

グロテスクは誰にでもあるんじゃなかろうか。
私以外の誰にもなれない私は、
そう推測することしかできないのですが、
どう考えても人は、
孤独だとうまく生きてゆけない。

楽しいって、一番重要ですよね、ですよ。
それが一番大事。
[PR]
by nahog | 2006-10-15 02:32 | 映画・演劇
246
真夜中のニーヨンロクを
風をやぶいてつきぬけるのがとてもよい

とりわけ池尻あたりの下り坂がよい
足をペダルに置いて脱力したまま
時速37キロの速さで風になると、
イヤーフォンから聴こえる音楽が遠くに聴こえて、
脇を走る車のお尻のライトが
映画館のスクリーンのように平面的に
意識の表面をするっとすべるように流れてゆきます

自転車を漕ぎながら思っていたことは、
耳に直で流れてくる音楽に感化されて思い出した昔のこと
村上春樹がノーベル文学賞を逃して少しほっとしたこと
この時間になるとやってくる
どうしても離れられない(離れたくない)悲しみについて

いつもちょっと泣きたいンだけど、
如何せん涙が枯れ果てているのでどうしても泣けないもので、
アルコールをかきこんで視界をぐっと狭めることをして、
デモ結局はするっとすべるように時間が流れていって、
今日のリミットがやってきて、それで終わりだ。


そんなことを永遠に、きっと永遠にくりかえす

昨日の夕方まで、
本日が金曜だと思ってあせって仕事をしていたわたし
でもまだ自分に期待をしています
強くて熱い人になりたいです
[PR]
by nahog | 2006-10-13 03:08 | 思うこと
むだ
真夜中のニーヨンロクを
風をやぶいてつきぬけるのがとてもよい

急がなきゃ、明日になる前に
今日を終わらせなくてはならないのだ
ねむっておきて、とりあえずひとまわり

わり

わにあわない
ないものねだり
だりーなあもう
妄想に溺れ る

る る るーるーるー

せっかくの連休だったのに、
終わってみたら休んだ分の仕事がふってきたみたい

せっかくの楽しかったひとときを
記すひまもないみたい

とりあえず、明日は地獄だ
[PR]
by nahog | 2006-10-12 05:00 | 思うこと