カテゴリ:思うこと( 49 )
言葉にできない
足の付け根にできものができて、
おちんちんが生えてきたかと思いました
おっぱいも日に日にちいさくなってゆく気がするし、
とうとう両生類になってしまうものなのだろうかと

でも触っても決して気持ちいいことはなく、
とりわけ自転車を漕ぐたびに余計にイタイので、
非 合理的な私の余計な何かがはみ出てしまったのだと

あいかわらず、処理しきれずに毎日こぼれおちてゆく



そんなこんなで退職をボスにほのめかしたら、
「辞めるなんて言うな」と言われました

って、エーッ

私の人生、どうなるんだろ



チケットとれたのだけど、結局朝霧も行けませんでした
10月25日のシガーロスは絶対に行きますけども、
正直自然の中で音楽が聴きたいんだなあ
あ、10月25日一緒に行ってくれる方いますか?


なんだかたくさんつらいんだけど、
それをうまく言葉にすることができない
ていうか
すべてをうまく言葉にすることができない
言葉にできない

らーらーらー ららーらー
ことーばにー できなーいー
[PR]
by nahog | 2008-10-05 04:30 | 思うこと
前を向いてるバヤリースなんて!
f0034574_119537.jpg

ひさびさの土日連休でした。
今の私に必要なものは即ち、
休息、睡眠。

というわけで、
WIRE08を諦めて、
ゆっくり しました。

・仲良くさせていただいてるカメラマン夫妻と会合
・元同僚たちと会合(新宿→雨の六本木徘徊)
・初めてのクラシアン
・ネイルサロンでジェルを付け替え(今回のはあまりかわいくない)
・DVD3本鑑賞
『パリ、ジュテーム[☆☆☆★★]』
『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ[☆☆☆☆★]』
『ベロニカは死ぬことにした[☆☆☆★★]』

欲を言えばBBQとハイチのライブに行ければよかった。
それは怠惰のしでかしたワザ。

錆び付いた脳みそには錆び付いた身体が。
そろそろ油を注さなければ、
坂を転げてでこでこでこりん。

でもそうやって自分を責め続けても、
いいことなんて起こりゃあしないのは解っている んです。

油が何か、何なのか、
それは睡眠なのか、休息なのか、何なのか。

横向いてる場合じゃないぞ
現実を受け止めるんだ
[PR]
by nahog | 2008-09-01 01:26 | 思うこと
遊泳
雨上がりの夏の終わりの夜に、
自転車でコンクリートの道を走ること。
アスファルトのしっけたにおいと、
水を含んだ風のやわらかな感触と
空 黒い空
まるで深海のような
リズムトラックとシンセの音を聴きながら、
泳いで帰る。

ネジの溝に足を捕られて、
螺旋に巻き込まれるも、
ゴールはもうすぐだ。


f0034574_549145.jpg

ところで、『TOKYO!』。
カラックスが新作ですよ。
観に行かなくては。

編集の友達がオフィシャルブックを作ったようで、
皆さん是非買って下さい。
3監督や出演者のインタビュー、ポートレートが満載です!
カラックスがめちゃくちゃかっこいいです。
[PR]
by nahog | 2008-08-28 04:33 | 思うこと
ギラギラ
太陽がギラギラしているので、
色白を目指してせっせと日焼け止めを塗っているにも関わらず、
ひどくインドア/不健康な生活を送っているにも関わらず、
なんか肌が焼けて週末海行ってきました的になってて参りました。

でも海行きたいです。




なにをしたいのかわからなくなってくることがありますか?
私はなにをしたいのかわからなくなってきました。
いったいなにをすればいいのか、
なにをするべきなのか

昨日はイラストレーターになろうと考えながら眠りました。
起きたらDVDジャケットを作らなければいけないことで頭が一杯でした。
会社に行ったら漠然と辞表を書こうと思っていました。
でも一日に2、3回は
折角続けたデザイナーの仕事を手放すことは間違っていると思い直し、
再び暗いポケットみたいな、この時間に戻ってくる。

まるで迷路を奔走しているかのように、
ムダな衝動をくりかえしくりかえし
昼メシを食べながら座禅の神秘について読みふける。




なんか 軽くパンクぎみです




少年ナイフという状態がありまして、
スーパーマリオでスターを捕ったときみたいに、
無敵に不敵にギラギラしてしまう精神状態のことを言うのですが、
生粋の丘サーファーで臆病症が板について離れそうにない私は、
そんな少年ナイフの時でさえも裏では痛々しいまなざしで自分を見つめ、
あとで思い返してさらに心を痛めたり
してしまうのです

ああいたい
ああいたい
誰かにあいたい
[PR]
by nahog | 2008-07-31 05:11 | 思うこと
境界のグロテスク
明るくならないと眠れない日々が続きます。

チャリで渋谷を走っていると、
夜明けに向かって進んでいるようで
夜と朝は輪っかになってつながってるんだって
ああそうかって思わなくても思ってしまうのです

朝と夜は白と黒のようなものだけど、
朝から夜へはなだらかなグラデーションで繋がっているくせに
夜から朝へは階段みたいに唐突で、
うまく昇れずにつまづいたような景色がちらかっていたり

お風呂上がりなようすのすっぴんのギャルが、
後れ毛を気にしながら疲れた顔でチャリをこぐ私に振り向きました

数時間前彼女は何をしていたのだろう。
そして今からどこへ向かうのだろう。
[PR]
by nahog | 2008-07-30 06:00 | 思うこと
スローモーション
f0034574_35486.jpg
単行本を作るとき、
束見本<つかみほん>というものを製本屋さんに作ってもらいます。
紙は1枚だとぺらぺらに見えるけど、当然それぞれの厚さがあって、
1冊の本になると、同じページ数でも紙によって背の幅が違ってくるわけです。
それを事前に確かめるために、これを作るわけなんですが

私は束見本がとても好きです。
完成した本ももちろん好きなんですが、
完成する前の、この真っ白だけど確かな形状を手にすると、
紙に命が宿ってきらきらする感じが
より如実に確かめられる気がして好きなのです。

もちろん喋ったりはしませんけども。



最近の私は、
水あめのプールの中を進んでいるように、
所作にキレがない。
どんなにもがこうと、触媒がまとわりついてくるかのように
右手も、シナプスも、
思うように要領を得ない。
まるで出会いはスローモーション。
そしてことごとくを忘れてしまう。




フジを通り過ぎてしまいました。
ここ数年皆勤賞だったのに。
ラジオの前で七転八倒、苦しかった。

逆に今年は相方がフジに行っていて、
例年と逆のパターンになりました。
5日会わないと、若干寂しくなってきます。
独りの味を思い出しました。

寂しさと悔しさを紛らわそうと思って借りた2本のDVDは、
どっちも私の気にはイマイチで
なんだかからまわり。
『恋愛睡眠のすすめ』『情痴』




でも昨日は大好きな友達たちに会えてとても幸せでした。
まゆさん誕生日おめでとう。
あかりケーキうまかったい。
もっともっと遊びたい年頃なんででです



しかし最近は、友人の結婚話がやけに多く。
ひとり、ふたり、さんにん。
そのたびに自分にも結婚話をふられ、ふってもみるけども、
やっぱりまだ先なのかなあと思う、
もうすぐ 二重に苦しむ、29歳。
30になりたいとは、まだ思えないんだな。



明日は久々に撮影で、現場にゆきます。
睡眠時間3時間以内の日々は、しばらく続きます。
[PR]
by nahog | 2008-07-28 04:57 | 思うこと
Teach me
先日、というか昨日、
会社のOBの先輩がついに会社を設立したというので、
菓子折りを持って会いにゆきました。

その方はうちのボスの一番最初の弟子で、
私は一緒に仕事させていただいたことはないのですが、
初めてじっくり話をお聞きして、
とんでもなく偉大な方だと思い知りました。
デザインに向ける意欲と探究心。
部下への采配。
細部を通して全体が見れるバランス感覚。

エディトリアルやって年収4ケタ萬円て、
あり得るんだね? と少し心強くなりつつも…
彼のキャパシティは、洞爺湖よりも遥かに深く、
私の人生がたとい2倍になっても足りないであろうと。

幼稚園の初めてのトイレで、
おしりからトイレットペーパー出して出てきたわたし。
名前はナホなのに、
なぜか先生に「のどかちゃん」て呼ばれてたわたし。
歩いてて、コウモリに顔面激突されたわたし。
図工の作品、いつも締め切り守れなかったわたし。
剣道で大将なのに、異様に動きがトロかったわたし…。

それなりに同じ仕事をこなしてきた筈ですが、
1ミリたりとも自分の中に発見できない、
あんな未来の可能性。

デザインが、
嫌いと言えば嘘になります。
でも好きかと言うと?
半ば嘘になると言っても過言ではないことを否定はできない
かも知れない可能性はないとは言い切れない。
[PR]
by nahog | 2008-07-11 02:04 | 思うこと
ねむう
怒濤の
朝まで連ちゃん仕事続きでした
睡眠時間は
個人それぞれに適正があるという
私は間違えなく
睡眠2、3時間では生きられない体質なのだと
実感します
今日は一体
目がまともに開いていたのか
昼間にベランダで
真昼の月みたいなものを見ました
あまりにはっきりみえたので
携帯で写真を撮ろうとしたら
隠れてしまいました
なんだったのか
最近の頭のなかは
欲と劣等感と不信感と向上心と猜疑感と怠惰のもやもやと
ぐるぐる渦を巻いて混乱していて
仕事がうまく進みません
そんな中友達に2人目の子供が産まれました
なんてすてきなことなんだろう
未来について想いを馳せる
今日はもう寝ようと思います
[PR]
by nahog | 2008-06-26 01:29 | 思うこと
ぼくとおかんとたまーにおとん
f0034574_2274224.jpg
日曜は元家族に会いにゆきました。
父の日が近いので本当は2年くらいぶりに親父に会いに行こうと思ったのだけど、
電話したらでかけていたのでおかんと妹の住む家へゆきました。
携帯電話しか持っていないくせに、未払いで通じなかったので音信不通が続いており、
ほとんど必要に駆られてという感じもあったのですが。

とりあえず大福や食糧なんかを手土産に、
いつもよりも慎重に、いつもは鳴らさないインターフォンを鳴らして、
2秒後に、合鍵で玄関を開けて、
いつものように、内鍵のつかえる金属音が勢いよく響いて、
ドアの隙間からいつもの顔が覗いて、
いつものように予想よりも老け込んだ母親の姿が現れます。
でも今回はさらに、予想よりもひどく痩せこけていました。
7キロ痩せたのよ、と彼女は言いました。
家の中は処理せずに残った食糧や、
大家には内緒で飼っている猫の糞尿などの臭いで充満していました。
100メートルも1度休まなきゃ歩けないのよ、と彼女は言いました。
何もかもがあふれんばかりに散乱していました。
すべての切れた電球は家の中の輪郭を曖昧にして、
薄暗い夕暮れ時に逆光のように眩しすぎるテレビの画面だけが、
さらに散乱するごみの影を深く濃くしていました。
私は唖然としました。
なんだか悪い夢を見ているみたいでした。
今読んでる夢野久作どころじゃありませんでした。
茶碗1杯の素麺も食べられなくて残しちゃうのよと彼女は言いました。
私の目には彼女が哀れにも腹立たしくも恨みがましくも見えて、
混乱が平均化してむしろ能面のような心持ちで、
痛みはないのか、おばあちゃんが亀戸に引っ越せって、こないだおとんに電話したよ
とかいう件のことを言いました。
あなた早く仕事に就きなさいよ、
とは今回は言いませんでした。
代わりに病院に行きなさいよ、
と言いました。
保険証がないのよ、と、
いつもよりぐっとゆっくりした口調でおかんが言いました。
あんただからあれほどお役所行けって言ったじゃないのよ!
とは今回は言いませんでした。
ただ代わりに、好きなようにやれば良いと思うよ
たとえ癌になっても、そんなに悪いことじゃないと思うよ
と、大草原の小さな家のように言いました。
おかんは少し黙って、煙草をはからずも上の方へくゆらせました。
その姿が焼きついて消えないことを遮断するように、携帯のメールが鳴って
私はあさっての方を向いて「もう行くね」と言いました。
友達が待つ外の世界の方向へ、
何度目かの監獄からの脱出……

なんて妄想をしながら春日部へ帰る。
久しぶりに会う友達は本当に素晴らしいです。
私は本当に友達に恵まれているなと心から感動します。
もっとこまめに連絡しないといけないよね。
いろんなものに、どうもありがとうございます。
[PR]
by nahog | 2008-06-09 23:35 | 思うこと
今日の鬱
今日は朝から憂鬱でした。

・憂鬱その1
 長靴を履いて行ったのに雨が止んだ
・憂鬱その2
 代休分の空白が不安
・憂鬱その3
 明日の飲み会について苦手な先輩と話さなければならない
・憂鬱その4
 服の組み合わせがひどくおかしかった
・憂鬱その5
 そんな日に限ってファッション誌の打ち合わせがある

不安というものは、もしそれを共有できるとするならば
どれほど楽になるか知れないものだと思うのです。
それはまるで、絵の具を水で薄めるかのごとく。
もったりしたマニュキュアを希釈するかのごとく。

しかし私にとって本日の不安は共有する媒体を持たなかったので、
独りでただ悶々と、苔蒸す岩の如く、
眉間に皺を寄せてじっとしていました。
友人とメールをしたり、
いやらしいことを考えてみたりしつつ。
そうしてやり過ごしました。

忍耐は人を強くする。
といいなと思います。
どんな些細な忍耐でさえも。

今週は当たり前だけどあっちゅうま。
空いた時間は好きな人たちに会って過ごしたいものです。
[PR]
by nahog | 2008-06-06 02:31 | 思うこと