またきんようび
息を止めて走り抜ける。
ゴミ収集車に出くわした時のように。

いつか終わるんだって
ことを知ってるんだって

平日の必須事項は、
土曜日まであと何日か数えること。

だから気がつくと穴ぼこに足をとられるかのごとく、
いつもこの場所に収まっている。

るーるーるーるーるー
でも私には時間がない。

リミットまでの時限装置が発動して、
早くしないと奴等がきてしまうよう

色々なものを削ってその場を凌いで、
でもそうするしか手段がなくなってしまったので、
私は削って削って削りまくるんだろう。

また今日も ささがかれる
あ、寝なきゃ
[PR]
by nahog | 2006-11-17 05:31 | 思うこと


<< おわった もうきんようび >>