蝉の
朝の4時。
ベランダでヤンキー座りでたばこを吸っていると、
近くでモーター音がして、
何かと思ったら姿は見えないけど蝉の声だった。
それはまるでデジタル音かと思うほど数学的で幾何学的で、
限りなく100%に近いだろう完璧なBPM。
蝉の声ってこんなんなんだったんだなと。

ちょっと前に伊東四朗なんかが目隠しして寿司を食べて
安いネタをトロかなんかと間違えていたりしたけれども、
先入観を払拭すると純粋にものが見えるので、
常々そうしたいと思っているのだけれど、
長く生きていると楽なのでなあなあに任せてしまい、
ついなあなあしまうものです。

色めがねなんて捨ててしまえ。

今週も壁に登れた。
緑の7、8、10を集中的にやったけど何も落とせず
起きたら背筋が筋肉痛…
でも翌日筋肉痛ってのはなかなかいいことだね。

それから、ジム仲間の素敵なお宅でたこ焼きの宴
LINNかKEFかなんかのスピーカー、プロジェクター、
あこがれのホームシアターがありました。
ホームシアターって雑誌を作ってたことがあったけど、
自分には手の届かない世界だと思っていましたなあ。
しかし朝から何も食べていなかったので、
結構へべれけになる。
お酒に関しての感覚が、最近ぶれてきたのはきっと歳のせい。?

本日は、仕事が終わらず壁には登れず、
でもジムあがりに皆で飲んでるというのでダッシュで原宿から経堂に向かう。
人が集まった時の求心力ていうのは本当にすごい。
とりわけ私に対する威力はすごい。
道すがら、ピストやロードを牛蒡抜き。
おかげで結構汗だくだったんですが、
200円で美味しいビールを飲ませてもらって、
皆さんどうもありがとうございました。

スポーツで人と繋がるということが今までなかったのだけど、
ジムで出逢った人たちは、皆笑顔がすばらしくすてきなのはどうしてだろう。
私もあんな風に笑えるようになりたいと思いながら
明日からもパソコンとにらめっこ。

時間が足りない。
スラックラインやりたい。
やりたいことが大杉蓮。
[PR]
by nahog | 2009-08-24 02:56 | 思うこと


<< アンバランス 炎天下 >>