みちすがら
楽しい時間というものは、
アホみたいに高速で過ぎ去ってゆく。

連休中はだいたい仕事ではあったけれども…

ソファーでうたたねしていたら、
すべて夢だったかのように思えて目が覚めた。
それらはすべてまことであったけれども、
とうにさわれないほど遠ざかってしまっていて、
繰り返すこともやり直すこともできないのだ。
くねくね歩いたとしても、
その跡が結局は道になってしまうことを
ずいぶん前に気づいたはずなんだけどー

だらっと溶けたソフトクリームのようになって、
かりそめフォルダに全部ぶちこんで蓋をする。
良い具合に熟成されて出てくればもうけもん
でもそんなこと滅多にありゃしないって

夜中にそっと覗いてみると
やっぱりいつも醜くどろっとしていて、
時間もお金も能力も、
自分には明らかに足りない気がして途方にくれてしまう

でも寝て起きたらだいたいきっちり蓋は元通り。
目の前のニンジンがキラキラ輝いて私を待っているので
まあ大丈夫かなと思えてしまうのが怖いところだったりして
ぐるぐるぐる
[PR]
# by nahog | 2009-09-25 03:46 | 思うこと
ごろごろん
爪を切る。
爪切りでぷつん ぱちんと
いつものように灰皿に切った爪の破片を落とすと、
その中に見慣れない、灰色の塊が転がっており
目を凝らしてみると、
それはなんと人間の指先だった。
第一関節から先がごろりと。
昼の光よりも淡い色の日の光が窓から
指先はなんだかみずみずしく見えて
灰色が生きているように新鮮だった。
でもさらにその先には、
白いポリ袋に入った
指10本分の母の指先が
間接から全部細切れになって
ごろごろごろごろごろごろごろご


目が覚めました。

号泣しました。

いつのまにか二度寝して遅刻
ていうのは先週のことでした。

ひさしぶりに泣きましたなあ。



楽しいことが多く起こると、
カウンターでいやな夢を見たり、
不安になったりすることが多くあります。

きっと自分が思うよりももっとずっと
小さな小さな人間なんだろうなぁと思う。




今週末も楽しいことが目白押し。
でも大人だから、よく遊ぶ前にはよく働かなければならない。
明日も精一杯大人をやりきらなければならない。
そんなときにかぎって時間というものはゆっくりと過ぎてって、
そんな平日の午後は眠くて仕方なかったりする。
[PR]
# by nahog | 2009-09-11 02:17 | できごと・もの
Rocks
f0034574_348554.jpg
繰り返し見る夢があります。
シュチュエーションはさまざまなんだけど、
必ず高い所で恐怖に震えている という夢。
例えば下に雲が見えるほどの高さの小学校の太鼓橋(うんていのような遊具)の上にいる とか
お寺の床が突然斜めに傾いてその下に雲が見えて落ちそうになっている とか
鉄筋の足場の上で下に雲が見えている とか…


私は結構筋金入りの高所恐怖症です。


でも昨日、遅い夏休みをとって20mくらいの岩山に登ってきたんです。
もちろん人生初です。

私の通うボルダリングジムでは、
月に1回くらいのペースで生岩会という催しが開催されます。
読んで字のごとく、生の岩に登ろうよ という会になりますが
もちろん有志の参加で強制ではなく

なのに何故参加したのかというと
METAMORPHOSEに行く予定で、
翌日修善寺(METAMORPHOSE開催地)の隣の駅が生岩会の会場だったから

土曜は朝の8時に起きて9時過ぎにMETAMORPHOSE同行人のみなさんと合流、
やっぱり早く出すぎたのでいろいろ寄り道しながら、
会場に入る前にビールを1缶
会場に入ってゆらゆら帝国をBGMにテントを立ててビールを1缶
NUJABES→TANGERINE DREAM→PREFUSE 73→Richie Hawtin→温泉
でも一番格好よかったのはたぶん寝ながら聴いたLOTUSだったと思います。
残念無念

かといってもほとんど寝れないまま、翌日はrei harakamiを聴きながら8時すぎに起き
隣の大仁駅から歩いて30分くらい
現地に着くと、上の方から声がする
f0034574_2475482.jpg
蝉かっ
って思わずつっこみたくなりました。

でも登らないことには、帰れませんので。
へんなところで譲れないプライドがあります。

よくわからないけど5.8というレベルのものを2つ、
あとは懸垂下降の講習のために上まで登るのが1回、
計3回20メートルくらいのところまで何度もテンションかけながら登りました。

岩の上では恐怖のあまり頭が回らず、
下に降りても手の震えがしばらく止まらないし…

でも超楽しかったです。
私はドM人間なのかも知れません。
また機会があれば必ず行こうと思います。
f0034574_20698.jpg


明日はとりあえず夏休み最終日なので、
思う存分壁に登って来ようと思います。

photooooo
[PR]
# by nahog | 2009-09-08 03:14 | できごと・もの
フォーール
あっというまに夏がいなくなった。
今年の東京の猛暑日は0だったらしいです。
でもそのかわり秋は暑くなるらしいです。

月が変わってから、
会社で一番の古株になってしまいました。
上流で悪い水を流すと、
下流にも悪い水が流れてしまうので、
常に全体のことを考えていなければならない。
もうすでに、なんかつらい。

今週はMETAMORPHOSEに行くので週末に壁に登れないので、
今日は会社を無理やり早めに切り上げてジムにダッシュすると、
残り約1時間でしたがなんとか間に合いまして、
緑の6を
落としました!
嬉しい〜

私は筋肉の持久力がないので、
ジムに入ってすぐしか筋力が発揮できないので、
してやったり。

ボルダリングというスポーツは、
壁との闘い というよりは、
壁と重力と筋力と頭脳のせめぎ合いで、
それがまた面白いんだなあ。
しかもトロい私にとっては、
素早さを求められないというところも結構大きな利点だったりして、
本当に中毒化していてやばいと思います。
でも白い粉と違って、からだにもいいよ。
あと3キロくらい軽くなればもっと登れるだろうに、
もうダイエットに向かない季節に突入しつつありますね。
半袖が寒い。
[PR]
# by nahog | 2009-09-03 03:22 | できごと・もの
モアザンフィーリング
今日、会社の バラモスの送別会がありました。
ゾーマと、バラモスと、下々のものたちで結局3軒をはしご
2軒目の行きつけのロックバーで、
つい送別会ということを忘れて楽しみました。
ボストン、ニールヤング、レインボー、スミス、
ジミヘン、オアシス、レディオヘッド、
トッドラングレンに、締めはヨーロッパ

そこにはJBLのなんちゃらという名器がありまして、
爆音がとても気持ちよいのです。

神泉界隈だったので、
帰りはヘッドフォン爆音で、
ニューオーダーを聞いて小踊りしながら歩いて帰る。

遠い昔、または遠くない昔…
台風一過を台風一家と思っていました。
途端にサザエさん一家が頭に浮かんでたもんだけど、
雨の通った足跡が、
誰もいない東京の淡島通りにどんより渦巻くさまはとてもとにかく
気持ち良かったです。

今はきっと、夏と秋のど真ん中だなとおもい

先週はジムで緑の7をクリアしたり、
親睦会のじゃんけんで8千円ゲットしたり、
とても充実しておりました。

日曜日は目白のカラファテに行ってハーネスを買いました。
ジムの山ピーさんに遇ったので、勝手に一緒にお買い物。
シューズは迷った挙げ句買わなくて正解だったと思いたい。

そのあとは久しぶりの友達と会って、
仕事をしていると、会って久しぶりじゃない友達なんていないなあと思う。

歳を追うごとに 人はだんだんまるくなるんだけど、
贅肉がついてまるくなったのか、
はたまた小川の小石のように角が落ちてまるくなったのか、
私はどっちだろう、あの人はどっちだろう?

贅肉がついてまるくなったとしても、
評価はその贅肉の質によるね。

なんて話は特にせずにやっぱり恋愛と結婚の話でもりあがり、
再会を誓って別れたのだけど、
次もきっと久しぶりと思って会うに違いないのだ。

しかしバラモスがいなくなったということは、
次のバラモスは私ということで…
うまくいかない日々が続きそうな予感が…
[PR]
# by nahog | 2009-09-01 03:19 | 思うこと
アンバランス
ちょっと訳ありで学生になることになりまして
とてもひさしぶりにスピード写真を撮りました。

左右 まるで別人のプロポーション
水ぎわの Angelもびっくりですよ

左側に何者か取り憑いてるんじゃあなかろうか
宜保さんに見てもらいたい気分になりました。

友達が、職場で「なぜいつも眉間に皺ですか」って言われたと言っていたことを思い出して
私も「最近顔が恐いです」と言われたことを思い出した。

そんなことを私に言った後輩と、
ラーメンを食べて説教くさいことを言ってみる。

自信をなくしている人に届く言葉はなんだろう?
いつもそうだけど、喋るのが下手な私は、
最短の距離で届くようにあれやこれやと考えて言葉を選び…

いつもそうだけど、何においてもトロい私は、
巧い選択ができずに、最後にはどっちらけになって終わるもので…

本当に、人に伝えるって難しいなあと思ってしまうものであります。

皮フのこっち側では、100思っているんだけど、
うまく道具を使いこなせないことには、
皮フのあっち側には、-100に見えたりもするもんだ。

「天然だなあ」とか「変わってるなあ」とかたまに言われるけれども、
惜しい、私は道具を使いこなせずがんばっているのだ。
考えた末に、鍋を頭にかぶったりしてしまうのだ。

でもあれやこれやと考えて結局、
鍋でお湯を沸かすような単純な言葉しか出てこなかったりするので…

本当に、人に伝えるって難しいなあと思ってしまうものであります。
[PR]
# by nahog | 2009-08-27 03:25 | 思うこと
蝉の
朝の4時。
ベランダでヤンキー座りでたばこを吸っていると、
近くでモーター音がして、
何かと思ったら姿は見えないけど蝉の声だった。
それはまるでデジタル音かと思うほど数学的で幾何学的で、
限りなく100%に近いだろう完璧なBPM。
蝉の声ってこんなんなんだったんだなと。

ちょっと前に伊東四朗なんかが目隠しして寿司を食べて
安いネタをトロかなんかと間違えていたりしたけれども、
先入観を払拭すると純粋にものが見えるので、
常々そうしたいと思っているのだけれど、
長く生きていると楽なのでなあなあに任せてしまい、
ついなあなあしまうものです。

色めがねなんて捨ててしまえ。

今週も壁に登れた。
緑の7、8、10を集中的にやったけど何も落とせず
起きたら背筋が筋肉痛…
でも翌日筋肉痛ってのはなかなかいいことだね。

それから、ジム仲間の素敵なお宅でたこ焼きの宴
LINNかKEFかなんかのスピーカー、プロジェクター、
あこがれのホームシアターがありました。
ホームシアターって雑誌を作ってたことがあったけど、
自分には手の届かない世界だと思っていましたなあ。
しかし朝から何も食べていなかったので、
結構へべれけになる。
お酒に関しての感覚が、最近ぶれてきたのはきっと歳のせい。?

本日は、仕事が終わらず壁には登れず、
でもジムあがりに皆で飲んでるというのでダッシュで原宿から経堂に向かう。
人が集まった時の求心力ていうのは本当にすごい。
とりわけ私に対する威力はすごい。
道すがら、ピストやロードを牛蒡抜き。
おかげで結構汗だくだったんですが、
200円で美味しいビールを飲ませてもらって、
皆さんどうもありがとうございました。

スポーツで人と繋がるということが今までなかったのだけど、
ジムで出逢った人たちは、皆笑顔がすばらしくすてきなのはどうしてだろう。
私もあんな風に笑えるようになりたいと思いながら
明日からもパソコンとにらめっこ。

時間が足りない。
スラックラインやりたい。
やりたいことが大杉蓮。
[PR]
# by nahog | 2009-08-24 02:56 | 思うこと
炎天下
今朝は、
渋谷の西武あたりでひさびさにころぶ
よろけてふんばりながら大げさにころぶ
車が思いもよらず近づいてきたので、
炎天下で地面にダイブ

都会でころぶのは思いのほか恥ずかしいものだ。
後から見ていたらさぞかしぶざまだろうと
自意識過剰気味にのろのろたちあがっていると、
大丈夫ですかと声をかけてくれるビジネスマンがいて、
都会もまだまだ捨てたもんじゃないねーと
大丈夫ですと立ち上がってそそくさと立ち去ったのだけれど、
なぜ「ありがとうございます」が言えなかったか
また自分に腹が立つ

自意識過剰というのが本当に困る代物で、
一度気になると、ずっと気になって、
1匹いたら100匹いるように思ってしまうんだけど、
絶対にそれは気のせいで、
たいがい顔にはなくそなんてついてやしないのだ。



夕方にベランダに出たら、
とても涼しい風が吹いていて、
特に夜になる途中過程の空は
よく見ると彩度を落とした虹色のグラデーションになっていて、
そういった美しいものを見ていると、必ずカウンターで何かを思い出す。
夏の夕暮れは、小学生くらいの記憶を匂わせる。
毎日汗だくのランドセル、麦茶、扇風機、夕飯のにおい、
夏休み、夏休み、夏休み、
夏休み、夏休み、夏休み、
夏休み、夏休み、夏休み。
昔は夕暮れ時の空にはこうもりが飛んでいたものだ。
なんだか本当に30年も生きてきたのかと思ってしまいますが

あの頃から何が変わったんだろうか、
いや変わったことだらけだ。
でも変わっていない気もするし、
すべてなくなってしまった気もする。
それは悪いことなのか、良いことなのか、
残念ながらきっと神様が決めてくれるわけではないのだ。

全部神様が決めてくれたらどんなに楽だろうと
毎日思っている。
でも 闘って 決断して
全て自分で選んでゆかねばならない
ことが
たまに億劫に思えて遠くに投げてしまいたくなる けど
ぐっとがまん
大人 です  から

夏バテ気味
早く壁に登りたい
[PR]
# by nahog | 2009-08-18 02:12
真ん中より1つ右
イチ、ニイ、サンと
数を数えるように
ゲツ、カア、スイと
カウントアップする
気づくとだいたいこのあたりに不時着。
木曜日。

明日はもうハナキンだねーなんて考えながら
でも解放感には一歩届かない、ちょっとはがゆいかんじが

今私の手の中には
ほどよい仕事のストレスと
脳みそに妄想する余裕がある という自由と
仕事後に人に会うことができるわくわくと
お昼ごはんの菓子パンと
自己嫌悪の胸くそ悪い脱力感と

昨日、ひとつ仕事が終わりました。
打ち上げて、いかに編集部の皆さんに気を遣わせていたのかと気づいて、
いや実は気づいていたのだけれども
最近は本当に余裕がなくて、人としてどうなんだと思うことが多くて、
いつもの自己嫌悪のどろどろに陥る間もなく
台風のようにいろいろなものを巻き込みながら
へし折って、なぎ倒しまくることに余念がなかった。

信頼を失ったら難しいぞ。
ひとりで生きているわけはないのだから、
感謝の気持ちを忘れてはならないのだ。

思うのと実行するのはおおちがいです



蝉のこえがわんわんしている。
脳みそが半分とけている。
穂高も天気がよいといいですな
[PR]
# by nahog | 2009-08-13 14:17 | 思うこと
nikki
洗面所の白い陶器に線画の模様ができていた。
ほうっておいたら案の定抜け毛について同居人からレッドカードが。
そもそももう10年くらいかかりつけの美容院というか美容師さんがいるんですが、
その人に最近ずっと断髪を拒否され続けていただけなので、
客のオーダーを跳ね返すというのもどうかと思いつつも、
コンプレックスの塊なだけに私の顔はそんなに隠すべきなのかと卑屈になりつつも、
切ろうという意思はあったので、
思い立ったら吉日と、
抜け毛防止のためにも髪をばさりと切ってみました。
でもとても丸くブローされたので、
饅頭のようにまんまるになった。
でも小顔効果が出ていると言われたので…
まあよしとする。
こうして人は日々生まれ変わって生きてゆくのだ。

***

今日も少し仕事に行った。
水気を含んでもったりした風の間を縫いながら、246を自転車で
ほぼ毎日通る池尻大橋のあたりを目黒方面に覗くと、
何か道路を作っているんだと思うのだけれど、
コンクリートの要塞がいかつい形相でこちらを眺めているのが見える。
昔「未来都市」の絵で賞をとった、
そのとき描いたのがこんなだったと思い出した。
そこでは自動車が飛んでたけど。
明らかに、道は空を横切っていたのだ。
あの絵は鳥瞰図だったからいいけれど、
地面を歩いている私たちから見える景色は、
どんどんコマ切れになってゆく。
記憶も、理想も
でも好奇心とモチベーションはどうにか途切れませんように。

***

サマーソニック09は、
過労のためにいいところを睡眠に奪われてしまいました。
THE BIG PINK…シューゲイザーサウンドが最高でした アルバムを聴こう

65DAYSOFSTATIC…最後に鉄板をやってくれた!でも音が小さかった

PHOENIX…イケメン、スタイリッシュ、踊れる とにかくセンスがよい アルバムを聴こう

MERCURY REV…壮大、ハッピー、やっぱりすばらしい

MEW…美しすぎる、やっぱり大大大好き

MOGWAI…聴きながら睡魔に負ける

APHEX TWIN…立ちながら寝てダウン、負けっぱなし

フジロック、メタモルフォーゼがデフォルトなので、
夏フェス感は薄かったなあという印象がありました。
フェス=祭りと言うならば祭り感はあったのですが、
私には抜けが足りなかった 自然が足りなかった
踊り足りなかった すなわち睡眠が足りなかった

前日はやっぱり6時間は寝るべきでした。
と言うよりも人は毎日6時間は寝るべきだと思います。

***

土曜日は勇気を出して友達をボルダリングに誘ったら、
結局1人が誘いに乗ってくれたので、
一緒にジムで汗を流したとても楽しかった。
私はなんと緑の1をクリアー
友達はピンクの4までクリアー
同業者なので心配なのは、
マウスがクリックできないほど筋肉痛になっていたらどうしようというところ

さらに私は筋肉痛に冒されながらも今日も仕事あがりに行ってしまって
時間が空けばジムに行く以外の余暇の使い方を思いつかなくなってしまったけども、
それはそれでとても健全な気もします。
ただ…緑の2が クリアーできない…
でも来週は
必ずや!

***

土曜の夜には久しぶりの友達に会えた嬉しいよかった。
やっぱりすてきな人たち!
全ては鬼平犯科帳に続くのだ間違いない。
食わず嫌いの時代物に手を出す時が来たのかも知れない…。


というわけできっと夏は始まっているのだ。
と思った。
[PR]
# by nahog | 2009-08-10 01:15